泌尿器科で相談する

下半身

陰茎のお悩みと言えば包茎が代表例として挙げられますが、陰茎の曲がりにお悩みの方も多くいらっしゃいます。先天的に陰茎が湾曲している陰茎湾曲症を治療するには、手術が必要になります。手術に対応している病院は多数あるので、どこで治療を受けるのがベストなのか迷うこともあるでしょう。プライバシーやアフターケアの充実度を考えるなら、男性の下半身のお悩みを専門としている泌尿器科を選ぶことをおすすめします。専門クリニック、大学病院など、陰茎湾曲症の治療を得意としている泌尿器科は多数存在しています。こういった泌尿器科なら、たくさんの治療実績があるので安心して委ねられますし、的確な麻酔処置、痕跡を残さない美しい仕上がりが望めます。

手術の内容を知る

股間を押さえる男性

陰茎湾曲症の治療では、陰茎に糸を通して修正するプリケーション手術が用いられます。屈曲部に糸を通し、縫い縮めることでまっすぐに修正させる手術になりますが、この手術にはメスを入れる方法とメスを入れないで処置する方法があります。屈曲部にメスを入れてから縫い縮める方法が一番確実なのですが、一定の再発リスクを背負うなら、糸で縫い縮めるだけで修正することも可能です。どうしても陰茎にメスを入れることができない方は、再発のリスクを取ってでも切らない方法を選択するのも一つの判断です。切らない方法も選択肢に残しておきたいのなら、両方の手法に対応している病院を選ぶと良いでしょう。

広告募集中